事故物件をわざわざ探して住んでたら、オカルトとは無縁の人生だったのについに出た。缶ビールを開けてみると