【惚け】母親が「しょうがない」と支えていた。