父親は死んだのにその存在を近くに感じる話