ジャンプのレジェンド漫画家の最近の風潮に対する悲痛な訴えをご覧下さい