救急外来の看護師から「お父さんがが来ている」と内線が。ほぼ音信不通だった父が私の勤め先に患者として運ばれてきた